除毛クリームでの自己処理ってどうなの?

ドラッグストアなどで手軽に購入できる「除毛クリーム」。

今回は、除毛クリームのメカニズムやメリットとデメリットについて、ご紹介していくことにします。

 

まず、除毛クリームのメカニズムについてご説明しましょう。

除毛クリームが脱毛効果を発揮するのは、「チオグリコール酸カルシウム」という成分が含まれているためです。

この成分は、毛を構成している「ケラチン」というタンパク質を分解して溶かしてしまう性質を持っています。

この性質を利用し、表面上に生えている毛を溶かすわけですね。

 

次に、除毛クリームの使い方についてです。

一般的な除毛クリームの使い方は、以下のようになっています。

  1. お肌に除毛クリームを塗布する
  2. 規定時間放置する
  3. クリームを取り除く
  4. シャワーなどで残ったクリームを洗い流す
  5. アフターケアをして完了

 

では、除毛クリームには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

まずは、メリットからご紹介します。

 

  • 即効性が高い

クリームを取り除いたその瞬間から毛がなくなるため、即効性が高いと言えます。

 

  • 痛みがない

塗って洗い流すだけですので、痛みを感じにくいです。

 

  • 値段が手ごろ

多くの除毛クリームの値段は、1,000円以下です。

なので、かなりリーズナブルに除毛することができます。

 

続いて、デメリットについてご紹介します。

 

  • 永久的な効果はない

除毛クリームの効果は、あくまでも一時的なものです。

永久的な効果はないため、処理をし続ける必要があります。

 

  • 使用できる部位が限られている

除毛クリームは、腕や脚用として販売されているものは多いです。

その一方で、デリケートな部位に使用できるものは少ないです。

 

  • 肌荒れを起こす可能性がある

まれに、成分の影響で、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があります。

 

ここまで、除毛クリームのメカニズムやメリットとデメリットについて、お話してきました。

 

デメリットとして一番気になるのが、「永久的な効果がない」ということですよね。

永久的な効果を期待するのであれば、除毛クリームではなく、やはり「光脱毛」がおすすめです。

半永久的な効果が得られるので、自己処理の手間も省くことができます。

除毛クリーム以外の方法をお探しなら、ぜひ光脱毛にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。