永久脱毛の基準の誤解

脱毛サロンで多く使われる「永久脱毛」という言葉。

「永遠に毛が生えてこない」ことをイメージしがちですが、実はそれは間違った認識なんです。

そこで今回は、永久脱毛の基準について、お話していくことにします。

 

まず、永久脱毛は、アメリカで定められた永久脱毛(Permanent Hair Reduction)の

  • 「脱毛の施術を受けてから1カ月後の毛の再生率が20%以下である」

ということが基準になっています。

 

上記をみて分かる通り、再生率が1カ月後の毛の再生率が20%であれば、それは「永久脱毛」と言えてしまうんですね。

つまり、20%のムダ毛再発しても「永久脱毛」ですし、2カ月目以降にムダ毛が再発しても「永久脱毛」と言えてしまうわけです。

したがって、多くの脱毛サロンで謳われている「永久脱毛」とは、「半永久的な効果である」ということを覚えておきましょう。

 

特に、光脱毛は刺激が少ない方法ですので、ムダ毛が再発してしまうリスクは十分にあります。

一方、毛穴のひとつひとつに電流を流し毛根を破壊する「ニードル脱毛」は、ほぼ永久的に毛が生えてきません。

光脱毛と比べると費用が高額になってしまいますが、「絶対にムダ毛が再発してほしくない!」という方は、ニードル脱毛を検討すると良いでしょう。

 

このように、「永久脱毛」は必ずしも永久的な効果があるわけではない、ということが分かりました。

光脱毛においてムダ毛の再発に備えるためには、以下を意識するようにしましょう。

  • 十分な施術回数を契約する

十分な施術回数を契約することで、施術不足による毛の再発を防ぎます。

  • 無制限脱毛を契約する

回数・期間無制限の契約をすることによって、ムダ毛が再発した際にすぐにメンテナンスできるようにしておきます。

 

永久脱毛と言えども、「永久的な効果」があるわけではありません。

ムダ毛再発のリスクをカバーしながら、上手に脱毛を進めてくださいね。

 

コメントは受け付けていません。