脱毛テープを使った自己処理

ドラッグストアなどで販売されている「脱毛テープ」。

リーズナブルな値段で、手軽に毛を処理できますよね。

そこで今回は、脱毛テープのしくみやメリットとデメリットについて、お話していくことにします。

 

まず、脱毛テープのしくみについてです。

脱毛テープは、粘着力の高いテープをお肌に貼り付けてそれを剥がすことにより、ムダ毛を引っこ抜くものです。

昔ながらの方法ですね。

 

次に、脱毛テープの使い方です。

  1. 保護シートをはがす
  2. テープを脱毛したい部分に貼る
  3. 一気に剥がしてムダ毛を抜き取る
  4. お肌を冷やし、毛穴を引き締める

多くの商品は、このような流れで脱毛を行います。

基本的には、貼って一気に剥がすだけなのでとても簡単ですよね。

 

では、脱毛テープには、どのようなメリットが挙げられるのでしょうか。

・即効性がある

テープをはがせば、毛は無くなります。

即効性があるので、急を要するときにも便利ですよね。

 

・カミソリより効果が長く続く

毛を抜いてしまうので、カミソリなどで表面の毛を剃るより効果が長持ちします。

 

・価格が安い

ほとんどの脱毛テープは、700~800円と格安です。

なので、経済的な負担が少ないですね。

 

逆に、脱毛テープのデメリットにはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

・痛みが強い

テープをはがすときには、ビリっと強い痛みが生じます。

 

・お肌には良くない

毛を無理やり引っこ抜くと、毛穴が広がります。

開いた毛穴から雑菌が入り、炎症を引き起こしてしまう危険性があります。

また、無理やり毛を抜くので、赤みやかゆみなどが出てしまう可能性もあります。

 

・毛が短い状態では効果が薄い

ある程度毛が長い状態でなければ、しっかりと効果を得ることができません。

 

以上、脱毛テープのしくみやメリットとデメリットをご紹介しました。

気軽ではあるものの、お肌にかかる負担は大きいことがお分かりいただけたと思います。

 

お肌への負担を少なく、かつ効果的に脱毛するのであれば、やはり「光脱毛」がおすすめですね。

痛みも少なく、ムダ毛を処理することが可能です。

脱毛テープの使用を躊躇するのであれば、ぜひ光脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

 

コメントは受け付けていません。