2種類のフラッシュ脱毛について

多くの脱毛サロンでは、2種類の方法によって脱毛効果を得ています。

では、2種類の方法には、どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、フラッシュ脱毛の「光」について、お話していくことにします。

 

  • IPL脱毛

IPLとは、「インテンス・パルス・ライト」の略です。

メラニンの黒色に反応し、毛の基盤や毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得ます。

 

  • S.S.C.脱毛

S.S.C.とは、「スムース・スキン・コントロール」の略です。

IPLと同様に光を当てるのですが、脱毛効果は「光に反応する抑毛ジェル」によって得ます。

ジェルに含まれている「ジェルビーンズ」の効果で抑毛を進めていくのです。

 

以上が、2種類のフラッシュ脱毛の方法です。

では、これら2つには、どのような特徴があるのでしょうか。

 

まず、痛みに関してです。

痛みに関しては、黒色の部分に直接反応するIPL脱毛のほうが痛みが強いという声もありますが、実際のところ大差はありません。

痛みに弱い方でなければ、どちらでもあまり心配する必要はないでしょう。

 

次に、費用に関してです。

一般的には、専用のジェルを使用するS.S.C.脱毛のほうが高額と言われています。

ただ、脱毛サロンによる差も大きいので、一概にどちらが安いとは言えません。

 

次に、お肌へのダメージに関してです。

こちらは、直接毛根を破壊しないS.S.C.脱毛に軍配が上がります。

敏感肌の方やお肌が弱い方は、S.S.C.脱毛のほうが安心です。

 

最後に、効果についてです。

効果については、双方に大差はありません。

どちらに関しても、2~3回施術を受けたあとに初めて効果を実感する場合が多いです。

 

以上、2種類のフラッシュ脱毛の方法についての特徴をまとめてみました。

必ずしもどちらが良いと言えるわけではありません。

2つを比較して、あなたの条件に適した脱毛を行うようにしましょう。

 

コメントは受け付けていません。